FC2ブログ

リネな日々
リネージュ日々の営み・・・か?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

遅すぎますが【映画バトン】

CDから回って来た「映画バトン」
放りっぱなしでごめんなさいwやってみますがバトンはここまで!w

1.初めてみた映画はなんですか?

「E.T.」(だと思う・・・・多分w)

うーん。。覚えてない。
ひのは6つ上に姉貴と5つ上に兄貴がいる末っ子。
兄弟そろっての映画好きなんですが、特に兄貴が高校生の頃まではすっごく映画に夢中でした。
ロードショーとかスクリーンなんて雑誌を毎月買っていて、その頃の兄貴のお気に入りはソフィー・マルソーとジャッキーチェン(笑)
なので、兄貴がジャッキー・チェンの映画を観に行く時のに親にお小遣いを貰っていたときに、「ひのとも連れて行きなさい!」と交換条件のように押し付けられてたのを覚えてます。
で、最初に観た映画なんですが、カンフー映画か「E.T.」なんですよ。
どっちが先か覚えてないものの、多分子供心に初めて「面白い!」と思った映画が「E.T.」であることは間違いないので、「E.T.」にしときますw

2.最近見た映画はなんですか?

「着信アリ」

ここのところ映画館ご無沙汰でして、思い出したらコレだった(^^;
ホラーは好きですね。昔のホラーはかなり見てて、「ゾンビ」「エクソシスト」「オーメン」あたりはかなり語れます。
映画館も独りで入れる人でして、「ゾンビ」のリメイク版である「ドーン・オブ・ザ・デッド」も単騎鑑賞しました。
ホラー観る時は辛いスナックと炭酸系の飲み物がイイですな。ジューシーなものはダメですw肉とか特に(^^)
「着信アリ」ですが、最近深夜ドラマになってますね。この間たまたまみてたのが第一回目だったみたいで。
ヘッタクソな新人アイドル女優がプールで死んだとこでリネしに消しちゃいました。
日本のホラー映画は近年いろいろ面白くて「呪怨2」とか映画館で観た時は、館内全体が一緒に進むオバケ屋敷状態で、みんなで同じシーンで「ひぃぃっぃ!!!」とか言ってて面白かった(^^)
ホラーじゃないけどぞっとするのだと「黒い家」がお勧めです。
大竹しのぶのブチ切れた様子が見ごたえ十分。ぜひにw

3.すきな映画はなんですか?(5本まで)
うー、これはかなり悩むな。どうしよう。CDとかぶってる作品がいくつかあったので、あえて違うものを挙げてみたい。

【レオン】
(1994年作品☆監督:リュック・ベッソン☆主演:ジャン・レノ)
リュック・ベッソン監督の出世作と言える作品。
殺し屋としてしか生きることの出来ない孤独で無垢な男と、家族を殺された少女。
二人の間に芽生えた感情は、男と女の愛ではないけれども、紛れも無い「愛」ですね。
「ニキータ」で注目してた監督だっただけに、その流れ汲んでます。

【ナイトメア・ビフォア・クリスマス】
(1993年作品☆監督:ヘンリー・セック☆原案:ティム・バートン)
全て人形で使った作品で初めて観たものでした。すっごく世界観が明確で、ディズニー映画らしい作品なんだけど、とにかく不思議でかわいくて切なさもちくりと来るあたりがティム・バートン風味。
もうすぐ「コープス・ブライド」が始まるので、絶対に見に行こうと思っています。

【ピアノレッスン】
(1993年作品☆監督:ジェーン・カンピオン☆主演:ホリー・ハンター)
話すことを自らやめた主人公が、一人娘を連れて請われて望まぬ再婚をします。
彼女の唯一の「音」であるピアノと共に・・・
波打ち際に置き去りにされるピアノ・・・
原住民ベインズに頼み込んで海辺まで行き、無心にピアノを弾くエイダの情景は、本当に本当に綺麗です。
やがてエイダの心はベインズに傾いていくのですが、この間の心理描写、特にベインズの心気持ちがやるせなく、夫の取る行動もまた・・・
カンピオンの出世作ですね。初監督だったかしら?
とにかく映像がきれいで、音楽が素晴らしいです。
音楽は現代クラシックのマイケル・ナイマン。サントラもばっちり持ってます。

【ガタカ】
(1997年作品☆監督:アンドリュー・ニコル☆主演:イーサン・ホーク)
DNA操作によって優秀な者と、そうでない者とを差別する近未来。
最近特に現実味を帯びてきている主題ですが、すっごく面白かったです。
本当にこんな世界が訪れるのじゃ・・・と思ってしまいます。怖いですね。
もぉ、どうしてコレ見てないのっ!!って言いたくなるくらい・・・感動もします。
人間が犯そうとしていることに警鐘を鳴らす作品。必見です。
あと、ユマ・サーマンがうつくしい~~!!
「パルプ・フィクション」の黒髪も美しいですが、金髪のほうが好きですね。
あと、あの細さは驚異的だわ。


【CUBE】
(1997年作品☆監督:ヴィンチェンゾ・ナタリ☆主演:モーリス・ディーン・ウィート)
不可解な記号や図形で埋め尽くされた立方体の部屋に、突如閉じ込められた男女6人。四方上下の6つのドアは、次なる部屋へと続き、謎を解き損ねれば、死のみを与える罠へと続く・・・・
追い詰められた人間の恐怖・本質・エゴを描いた作品。その恐怖たるや目が離せません。
また罠がかなりスタイリッシュ。(でもないのもありますが)運動神経と知力の無いひのには到底脱出不可能です。
人間、追い詰められると何でもしてしまうのですね・・・
それにしても、「CUBE」の本当の目的は・・・・
ラストもちょっと、いえ、かなりシュールです。
あと、この作品をレンタルで借りてくると「エレベーター」というショート作品が終わってから収録されていると思います。これもお見逃しなく。

【カラー・パープル】
(1985年作品・監督:スティーブン・スピルバーグ・主演:ウーピー・ゴールドバーグ)
時代背景が男尊女卑・人種差別がまだ色濃い頃、虐げられただ従うばかりの主人公が「人」として生きることに目覚めていく感動作品。
ウーピーがまだ若くてシリアスですw
全体的に重い映画ですが、観る価値はありますよ。

4.思い出の映画は?(5本まで)

【PARTY 7】
(2001年作品☆監督:石井克人☆主演:永瀬 正敏・浅野 忠信)
この作品は、ひのが持病で悩んでいてもう精神的にボロボロで、彼に「別れてもいいよ」とまで言って毎日泣き暮らしていた頃に、一緒に見に行った映画です。
はっきり言って鬱でして、開演までのロビーでも泣いていたくらいだったんだけど、この映画で鬱吹っ飛んだw
あの頃、彼が励ましてくれてなかったら、ひのは大切な人を失っていたんだと思う。
今は彼は旦那様。ひのは毎日幸せです。

【パルプ・フィクション】
(1994年作品☆監督:クエンティン・タランティーノ☆主演:ブルース・ウィルス他)
ひのにタランティーノをもたらした最初の作品ですね。
いやぁ。面白かったw
その後「キル・ビル」へと続いていくんですが、相方と大はしゃぎでしたw

【ライフ・イズ・ビューティフル】
(1998年作品☆監督:ロベルト・ベニーニ☆主演:ロベルト・ベニーニ)
ひのが観たくて、行ったら満員で。
次の回早めに並んでたら、老夫婦が観に来たらしく長く続く列に途方にくれたように「どれくらい前から並んでいたのですか?」とおばあさんのほうが声を掛けてきた。
どうやらおばあさんが観たかったらしくて、おじいさんは「仕方が無いね」と慰めていた姿が妙に思い出に残っています。
ああいう夫婦になりたいなぁと。
作品は予想通りの号泣で、館内一体になってすすり泣き。でも希望のもてる映画でした。

5.お勧め映画(5本まで)

【娼婦ベロニカ】
(1998年作品☆監督:マーシャル・ハースコビッツ☆主演:キャサリーン・マコーマック
恥じず、へつらわず、毅然として人を愛するベロニカの姿は、「娼婦」という蔑すみの中でも決して汚れることのない輝きを放っていて、本当に「かっこいい」女性でした。

【トラフィック】
(2000年作品☆監督:スティーブン・ソダーバーグ☆主演:マイケル・ダグラス )
ソダーバーグ作品はこれが一番。まぁ観てください。

【ミザリー】
(1990年作品☆監督:ロブ・ライナー☆主演:キャシー・ベイツ )
怖いスティーブン・キング炸裂!な作品。
これはまじでぞわぞわしますよw

【キル・ビル Vol1】
(2004年作品☆監督:クエンティン・タランティーノ☆主演:ユマ・サーマン )
冒頭からズガーーーーンとキます。映像が。
いやぁ、タランティーノらしいハチャメチャ加減がサイコーですね。
鬱なときに「やっちまいな!」とやっちゃってくださいw

【オーロラの彼方へ】
(2000年作品☆監督:グレゴリー・ホブレット☆主演:デニス・クエイド )
タイトルがイケてない。うん、つまんなそうだ。
期待しないで借りてきたわりには結構好きでしたw
心がほわっとするファンタジーですね。

スポンサーサイト




  1. 2005/10/20(木) 20:04:53|
  2. ひのとのつぶやき|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

  

コメント

バトンありがとー^^v

しかと拝見しました(*´∇`*)

うーん・・・

レオン、ガタカ、CUBE・・・いいねぇw
好みの傾向が似ている様で(゚ー゚*)フフ

姫さんがインしていなかったから
報告遅れてしまったけど
無事lv51になれました^^

今度とも宜しく(*'ω'*)v
  1. 2005/10/26(水) 05:24:44 |
  2. URL |
  3. (C'ω'D)v #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hinohime.blog1.fc2.com/tb.php/81-041ec1ef
 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。